育毛剤のデメリットってなんのでしょうか?

育毛剤のデメリットってなんのでしょうか?

薄毛で悩んでいる方には育毛剤は心の支えになる物です。しかし、育毛剤は薬ですから、メリットがあれば、デメリットもあります。

 

メリットは何と言っても望みを叶えてもらう事ですが、デメリットは様々あります。

 

ドラッグストアー等で手軽に購入できる物は医師の診立て無しとなり、自分に合っている物なのかどうかが鍵になります。自身の薄毛の原因にあった物を購入できていなければ何の役にも立ちませんし、逆効果に成る場合もあります。

 

また、育毛剤の成分にはデメリットになる可能性の物質が含まれています。

 

それはミノキシジルとプロペシアと言われています。この物質は育毛に効果があると言われている物です。

 

プロペシアの症状は比較的軽く、かゆみ程度で済む事が多いと言われているのですが、国内での臨床実験では胃部の不快感、性欲減退等が約5%あると結果が出ました。

 

また、ミノキシジルも多く現れる症状はかゆみです。

 

しかし、元々高血圧の飲み薬としてアメリカで使われていた物なので血圧の低下、心拍数の増加や眠気、倦怠感等が現れる事があります。ただ、必ずしも症状が出る物ではありません。

 

そして、もう一つのデメリットは効果が出る人と出ない人が居る事です。そして、全員に当てはまるデメリットと言えば、育毛剤の結果には即効性が無い事です。
たとえ育毛剤が自身に合ったとしても、気長にお付き合いをしなければなりません。

 

女性が育毛剤を使用する場合には、特に副作用に気をつけるべきです。女性が医薬品を使う際には細心の注意が必要でしょう。女性育毛剤副作用

 

AGAの育毛剤選びを少し紹介しましょう

AGAと言う言葉を耳にする様になりました。AGAとは男性型脱毛症の事を言います。AGAは遺伝的なものの他に男性ホルモンが原因となる事が大きく、食生活の乱れやストレスでも薄毛になり、特に頭頂部や額が薄くなってきます。

 

AGAの中でO型は頭頂部から薄くなるのが特徴です。M型は額から薄くなります。

 

両方が典型的な症状で最終的にはO型は前頭部から頭頂部に向けて薄くなり、M型も額から頭頂部に向けて薄くなっていきます。

 

びまん性脱毛症と言うのもあります。

 

これは女性の方に多く見られます。AGAと違い全体的に少しずつ薄くなります。原因は様々ですがストレスや血行不良が言われています。

 

そこで、AGAの育毛剤選びで気をつけたいのが、男性ホルモンが作り出す5αリクターゼと言われているものです。これが薄毛の原因なのでこれを制御するものを選びましょう。

 

5αリクターゼを制御するもので有名なのがプロペシアです。これは飲み薬タイプの育毛剤として使われています。
頭皮に塗るタイプの育毛剤にはノコギリヤシやオウゴンエキス等です。

 

また、塗るタイプの育毛剤にミノキシジルやフィナステリドもありますが、この2種類は医薬品として扱われます。

 

AGAが原因となる場合はCAGリピート数とGGCリピート数と言うのを血液検査で診てみましょう。この数を足した物で判断するのです。

 

CAGリピート数+GGCリピート数が39以下だとAGAの可能性が低く、39以上だとAGAの可能性が高くなります。

 

また、プロペシアが効くかどうかを判断するのはCGAリピート数が24以下だとプロペシアが効きやすく、CAGリピート数が24以上だとプロペシアが効きにくいのです。

 

飲み薬が自分の体質に合うのかどうかを長期服用する前に知っているのと知らないのでは期待度は代わってくる事でしょう。

 

関連記事>>>女性用育毛剤が効く人と効かない人

トップへ戻る