市販されている育毛剤でも効果ってあるの?

市販で購入できる育毛剤なんて効果あるの!?って思ったことありませんか。どこでも買えるような市販育毛剤の効果について記事にしてみたのでチェックしてみてください。

 

市販されている育毛剤でも効果ってあるの?

ドン・キホーテやマツキヨなんかの市販育毛剤の種類もかなり増えてきているんですけど、実際にところ効果があるのか気になるところですよね?せっかく、恥ずかしい思いして買うんだから効果あってもらわないと困りますからね。

 

私が市販育毛剤について調べてきた中で分かったことですけど、育毛剤って言われている商品は一応それなりの効果があるから育毛剤として販売されているって事です。

 

なので認められているからは効果があるってことです。でも絶対に100%の効果があるとは言い切れません。

 

どんなものでも100%って言うと色々と問題になるじゃないですか、最近の風潮的にもそんな事は絶対言えません。

 

じゃー効果があるってどういう事!?ってなりますよね。この後で詳しく解説していきますのでチェックしてみてください。

 

効果があるというのはどういう事?

 

  • 1、医薬品

医薬品に指定されている育毛剤でしたら、効果があると公的に認められている育毛剤になります。この医薬品であれば効果があると言っても問題はありません。でも100%効果があるという意味ではなくて、ある一定の効果があるという基準を満たしているだけです。

 

ですから、医薬品を使ったからと言って絶対に薄毛の解消ができたり抜け毛が減ったりするという事では、残念ながらありません。

 

  • 2、医薬部外品

医薬部外品に指定されている育毛剤というのは、その商品自体に効果あるというよりも成分に効果あるという意味合いになります。一つ一つの成分が「血行促進効果がある」だとか「フケや痒みを抑える」といった効果があるということになります。

 

俗にいうところの「効果が穏やか」というところでしょうか。なのでこの医薬部外品の育毛剤を使った場合には医薬品よりもかなり効果が穏やかだという事になります。医薬部外品の方が効果的には小さいと言わざるを得ませんね。

 

まとめ

市販の育毛剤でも効果があるのかという事に関して言えば効果はあります。最終的には医薬品を選ぶのか医薬部外品を選ぶのか、という問題だけですね。

 

効果に関して言えば医薬品ですけど、副作用もありますので一概に医薬品を使えば良いということにもなりません。効果を取るのでしたら医薬品の育毛剤を使われば良いですし、副作用が嫌だというなら医薬部外品の育毛剤を使われば良いのではないでしょうか。

 

私は選ぶ時に副作用が嫌でしたから、医薬部外品の市販の育毛剤から始めてみました。でも市販の育毛剤だとちょっとした不便もあったので最終的にはネット通販限定のものにして定期便にしてもらっています♪

 

関連記事>>>育毛剤のデメリットってなんのでしょうか?

トップへ戻る