若ハゲでカツラを被るのは一生損することになる!?

若ハゲでカツラを被るとより薄毛が進行します!

 

たしかに若ハゲは恥ずかしいです。でも隠すのではなくきちんとした対策をとることの方が大切です。

 

なぜカツラを被ると若ハゲが進行するの?

カツラによる若ハゲの原因は2つ考えられます。

 

1つ目は、若ハゲというのは遺伝や男性ホルモンの乱れによって引き起こされることが多いのです。遺伝ではどうしようもないと思いがちですが、改善不能な遺伝というのは全体4%ほどだそうです。

 

つまりほとんどの遺伝や男性ホルモンによる若ハゲは改善することができるのです。

 

最近の育毛剤や育毛サプリは男性ホルモンのバランスを整えたり、薄毛を引き起こす悪玉男性ホルモンを抑制する作用があります。

 

諦めてカツラを被る前に正しい対処を心がけましょう。

 

2つ目は、カツラによるストレスです。

 

カツラを長時間被ることによって、頭皮にストレスがかかり薄毛を進行させてしまうのです。外出するときはほぼカツラだということを考えると、一日8時間以上カツラで生活することになります。

 

頭皮が蒸れた状態で長時間生活していると、湿疹や汗によるかぶれが起きます。頭皮にはとてつもない負担がかかってしまうため薄毛の進行をはやめてしまうのです。

 

さらにカツラだと常に周りの目を気にします。

 

「バレてるかもしれない・・・」「ズレていないかな・・・」「風で飛ばされないかな・・・」そんな状態で生活していては精神的なストレスがたまり血行不良や病気の原因となります。

 

円形脱毛症もストレスで引き起こされるように、ストレスは薄毛の天敵なのです。

 

将来のためにも、まだ対処のできるうちからカツラに頼らず育毛する努力を行いましょう。

 

若年性脱毛症にシャンプーは効果なし!?

若年性脱毛症はシャンプーだけでは改善がむずかしいとされています。高級なシャンプーや育毛成分配合のシャンプーでも効果が薄いのは何故なのでしょうか?

 

詳しくまとめてみました。

 

  • <シャンプーに育毛効果はない!?>

そもそもシャンプーの本来の目的は「洗浄」にあります。毛根に皮脂や汚れが詰まっていたり、頭皮が不衛生でニキビや湿疹ができていると髪の成長を妨げてしまいます。

 

「髪を生やす」のではなく「髪が生えやすい」ように頭皮環境を整えることがシャンプーの本来の目的なのです。

 

さらに若年性脱毛症は、男性ホルモンや遺伝が強い影響を与えているとの研究結果があります。

 

頭皮の不衛生が原因で薄毛になっているのであればシャンプーを見直すことで改善できます。しかし遺伝や男性ホルモンが原因では、いくら高級なシャンプーに変えても効果が期待できないというわけです。

 

若年性脱毛症は進行が早いと言われています。正しい方法で早めの対処を心がけましょう。

 

  • <シャンプーの種類にこだわるべし!>

実は育毛に不向きなシャンプーがあります。市販のシャンプーの多くは洗浄力が強すぎるため、頭皮の皮脂を取り除きすぎてしまうのです。

 

頭皮が皮脂でベトベトしていることは育毛にとってマイナスですが、逆に皮脂を取り除きすぎてもダメなのです。育毛の邪魔をしないようなシャンプー選びが必要になってきます。

 

ではどんなシャンプーを選べばいいのでしょうか?

 

大きくわけて2種類のシャンプーについて説明します。

 

  • 高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーのほとんどが高級アルコール系シャンプーです。

 

髪の毛をコーティングして保湿したり、切れ毛や枝毛のケアにこだわったりと種類が豊富です。洗いあがりや香りなどはとても良いのですが、頭皮のケアに関してはあまりオススメできません。

 

洗浄力が強力なため、皮脂を取り除きすぎてしまい、過剰分泌や乾燥を招く恐れがあるためです。

 

  • アミノ酸系シャンプー

植物由来の天然成分を使ったアミノ酸系シャンプーです。
髪の毛をタンパク質を補いながら洗浄するため、非常に髪に優しいです。

 

保湿力も高いため皮脂を適度に保ちつつ洗髪ができます。
値段は高めですが育毛の土台作りに重宝します。

 

シャンプーでは育毛しようとは考えず、育毛剤などの別の方法を考えた方が良いでしょう。

 

若年性脱毛症の対処方法って何がいいのか?

若年性脱毛症の原因として考えられるのは男性ホルモンの影響です。その男性ホルモンを抑えることができれば症状は緩和されると言われています。

 

  • <食事による男性ホルモンの抑制>

若年性脱毛症は男性ホルモンの影響で引き起こされると言われています。

 

男性ホルモンが毛根にある5αリダクターゼと結びつくことによって、悪玉男性ホルモンへと変換されてしまうのです。
そこで男性ホルモンを抑制する食事をすることによって症状を緩和することが可能なのです。

 

納豆などの大豆イソフラボンには男性ホルモンを抑える作用があり、みかんには5αリダクターゼを抑える作用あるとされています。すぐにでも始められるので対処方法なので今日にでも試してみましょう!

 

関連記事>>>市販の育毛剤で頭皮環境を悪化させてしまうのはなぜか?

トップへ戻る